産泰神社について

産泰神社の主祭神

木花佐久夜毘売命

このはなさくやひめのみこと

  • 天孫邇邇芸命(ニニギノミコト)は、笠沙の岬で大変美しい女神に会われ名を尋ねると、大山祇命(オオヤマヅミノミコト)の娘で木花佐久夜毘売命(コノハナサクヤヒメノミコト)であると名乗りました。
  • 邇邇芸命に求婚され一夜の契りを結び御懐妊しましたが、邇邇芸命に国津神との不貞を疑われます。佐久夜毘売命は「もしこの子が国津神の子なら、無事に産むことは出来ないでしょう。反対に邇邇芸命の御子ならば安産に違いありません。」と、出入り口の無い産屋を造り中に籠られました。やがて出産の時が来ると、内側から火を放ち燃え盛る炎の中で、三神を無事お生みになられ、ご自身も無事であったといいます。
  • 以来、安産子育ての神として、又美しい御姿から女性の守護神として多くの崇敬を集めています。
主祭神掛け軸
Page Top