ご祈祷

厄除け祈願
方位除け祈願

  • 男性は4歳、25歳、42歳、61歳。女性は4歳、19歳、33歳、37歳、61歳が厄歳です。この時期は体の切り換え時期とされ、体調を崩す事や災難が多くふりかかると言われています。厄年には、人生の転換期、注意すべき年廻りや生涯の一つの節目として、厄難消除のご祈祷をいたします。また、その前後の年齢も「前厄」「後厄」として、特に忌むべき年齢といわれています。
    又、厄年ではなくても、事故・災い・健康などに不安のある方もご祈祷をとりおこないます。
  • 方位除けは、易学・陰陽五行説・暦学などの考え方が融合して現代に伝わる、吉凶の見方です。この場合の「方位」とは実際の方角を示すものではなく、一人一人が持っている年齢ごとの「星回り」を指します。
    ご自分の星が北(困難宮)北東(表鬼門)南西(裏鬼門)中央(八方塞)にあたる年となります。星回りの良くない方、又は事故・災い・健康などに不安のある方はご祈祷をお受けください。

厄除け・方位除けご祈祷のながれ

  1. ご祈祷は祈祷殿で執り行います。
    祈祷殿入口
    祈祷殿入口
  2. ①受付

    建物内にお入りいただき、ご住所とお名前を記入してください。
    受付
    受付
  3. ②祈祷料

    ご祈祷は初穂料5,000円から承っております。
  4. 待合室
    待合い

    ③待合い

    お名前をお呼びするまで祈祷殿待合室にてお待ちください。
  5. ④お祓い

    まず神職が祓詞(はらえことば:神々の力によってさまざまの罪穢を祓い清めてもらうための祝詞)を奏上し、その後お祓いを受けます。
  6. 祝詞奏上
    祝詞奏上

    ⑤祝詞奏上(のりとそうじょう)

    ご祈祷では、神職が神様と参拝者の間を取りもつ祝詞を奏上します。
  7. ⑥玉串礼拝(たまぐしれいはい)

    「玉串(榊の枝)」をご神前にたてまつりご拝礼いただきます。ご拝礼は「二礼二拍手一礼」の作法でご拝礼ください。

    玉串の捧げ方

  8. ⑦お札の祀り方

    ご神符は、ご自宅の神棚でお祀りください。神棚がない方は、タンスなどの上に白い紙を敷いて、南向きか東向きにお祀りください。

初穂料

厄除祈願

初穂料
  • 5千円
授与品 厄除の木札・厄除守り・撤下品

方位除祈願

初穂料
  • 5千円
授与品 方位除の木札・方位除け守り・撤下品

厄方位除祈願(厄年・方位除け両方にあたる方)

初穂料
  • 5千円
授与品 厄方位除の木札・厄除守り・撤下品

授与品は予告なく変更する場合がございます。

厄除祈願 授与品
方位除祈願 授与品

お守り

令和2年 厄除け表

1月1日から節分までに生まれた方は、前年生まれの方と同じになります。 全て数え年になります。数え年とは満年齢に誕生日前には2歳、誕生日後には1歳を加えた年齢です。

男性
前厄 本厄 後厄
3歳平成30年生 4歳平成29年生 5歳平成28年生
24歳平成9年生 25歳平成8年生 26歳平成7年生
41歳昭和55年生 42歳昭和54年生 43歳昭和53年生
60歳昭和36年生 61歳昭和35年生 62歳昭和34年生
女性
前厄 本厄 後厄
3歳平成30年生 4歳平成29年生 5歳平成28年生
15歳平成15年生 19歳平成14年生 20歳平成13年生
32歳平成元年生 33歳昭和63年生 34歳昭和62年生
36歳昭和60年生 37歳昭和59年生 38歳昭和58年生
60歳昭和36年生 61歳昭和35年生 62歳昭和34年生

令和2年 方位除表

1月1日から節分までに生まれた方は、前年生まれの方と同じになります。 全て数え年になります。数え年とは満年齢に誕生日前には2歳、誕生日後には1歳を加えた年齢です。

七赤金星八方塞 四緑木星裏鬼門 三碧木星困難宮 一白水星鬼門
平成23年生 平成26年生 平成27年生 平成29年生
平成14年生 平成17年生 平成18年生 平成20年生
平成 5年生 平成 8年生 平成 9年生 平成11年生
昭和59年生 昭和62年生 昭和63年生 平成 2年生
昭和50年生 昭和53年生 昭和54年生 昭和56年生
昭和41年生 昭和44年生 昭和45年生 昭和47年生
昭和32年生 昭和35年生 昭和36年生 昭和38年生
昭和23年生 昭和26年生 昭和27年生 昭和29年生
昭和14年生 昭和17年生 昭和18年生 昭和20年生
昭和 5年生 昭和 8年生 昭和 9年生 昭和11年生
Page Top