ご祈祷

お礼・お宮参り

  • 赤ちゃんが無事誕生したことを神様に感謝し、これからの健やかな成長をご祈祷いたします。
  • 日取りについては、男児は生後31日目、女児は生後33日目にお参りするのが一般的ですが、地域によっても多少の違いがあります。あまり日数にこだわらず赤ちゃんの体調や天候にあわせご祈祷をお受けください。

お礼・お宮参りご祈祷のながれ

  1. ご祈祷は祈祷殿で執り行います。
    祈祷殿入口
    祈祷殿入口
  2. ①受付

    建物内にお入りいただき、お子様のご住所とお名前を記入してください。
    受付
    受付
  3. ②祈祷料

    ご祈祷は初穂料5,000円から承っております。
  4. 待合室
    待合い

    ③待合い

    お名前をお呼びするまで祈祷殿待合室にてお待ちください。
  5. ④お祓い

    まず神職が祓詞(はらえことば:神々の力によってさまざまの罪穢を祓い清めてもらうための祝詞)を奏上し、その後お祓いを受けます。
  6. 祝詞奏上
    祝詞奏上

    ⑤祝詞奏上(のりとそうじょう)

    ご祈祷では、神職が神様と参拝者の間を執りもつ祝詞を奏上します。
  7. ⑥玉串礼拝(たまぐしれいはい)

    「玉串(榊の枝)」をご神前にたてまつりご拝礼いただきます。ご拝礼は「二礼二拍手一礼」の作法でご拝礼ください。

    玉串の捧げ方

  8. ⑦お札の祀り方

    ご神符は、ご自宅の神棚でお祀りください。神棚がない方は、タンスなどの上に白い紙を敷いて、南向きか東向きにお祀りください。

ご祈祷がすみましたら

  • 安産子育て戌

    お礼・お宮参りはお子様の干支を撫でて無事成長をお祈りください。

    詳しく見る

初穂料

初穂料
  • 5千円
授与品 子育札・子育守り・祝い品・お食い初め石(ご希望の方に)

授与品は予告なく変更する場合がございます。

お礼・お宮参り授与品

お守り・絵馬

お食い初めとは

初めて御飯を食べさせるお祝いです。生後100日目頃、ご家庭で執り行います。実際には食べさせるまねだけですが、丈夫な歯が生えるよう、当社ではお礼・お宮参りご祈祷の際に「お食い初め石」をご希望の方に授与いたしております。

お食い初め料理

虫封じ祈願

生後半年から一歳、二歳頃までに起こる疳の虫(夜泣きやグズリ)を封じ、健やかなる成長を祈る子育てのご祈祷です。

Page Top